10万キロを超えた時点でATFを交換しない理由

10万キロを超えてからは、ATFの交換を断割られるということが多く見られます。

「不具合が出る可能性が高いから」ということです。

例えば1万キロごとに継続して交換していた車であれば断られることはないでしょうが、いままで一回も交換していないのに10万キロ走行の後「交換して!」というと断られる、もしくは「交換しないほうがいい」とアドバイスを受ける時のほうが多いんですよ。

うちも5万キロ走行後に一回変えましたが、それ以降は変えていません。

それによって不具合が出ているわけでもないので変えていないのですが、実際10万キロを走行した後の車検でATFの交換をお願いすると、自動車整備工場からはお断りを受けました。

余程のことがない限り、もう触らないほうがいいと言われたのです。

新型アコード値引き

その理由

ATの油圧回路にはスラッジが固まって付いているものです。

10万キロも走っていれば、結構な量がくっついているもの。

ここに新しいオイルを入れれば、洗浄力も増してしまいます。

それは通常であれば「良いこと」なのですが、「結構な量くっついているスラッジ」がどんどん剥がれ落ちれば、血管の血栓のように回路を塞いでしまう事のほうが多いのです。

そうなればATのオーバーホールを行わなければならなくなりますし、それをしなければATがご臨終です。

再構築品を買うか、新品を購入しなければなりませんので、30万から50万は覚悟しなければならないのです。

もちろんガッタガタいうようになっていれば、たしかにATFの交換で症状が改善される場合もあります。

しかしそれを契機に「ATご臨終」に追い込む可能性のほうが高いんですよね。

そんな危険度があるのに、わざわざ整備工場も引き請けたくはないでしょう。

というか、そのような状態になっているんであれば、余程の理由がない限り、オーバーホールをした上でATFを交換する意味があるのかというとよくわかりません。

しかしATFはエンジンのように燃料から燃焼ガスが出ることはありません。

また外から水分が入るということも余り無いんですよね。

ですが一応の劣化はあります。

しかしそのベースオイルに劣化が見られたとしても、異物の混入が極めて少なく、走りが巡航に寄っていれば、不具合があまり露見しないということもあるのです。

というか1万キロ2万キロで交換するほうがいいというカー用品販売店のアドバイスも、「結構短距離で返させるんだなぁ」という印象です。