ということでうちの車は26万キロ

車の寿命は年数ではなく、距離だよ!という人もいますね。

軽は10万キロで、普通車は20万キロ、高級車で25万キロというのが、よく聞くラインだと思われます。

それ以上になると「容赦できない故障が発生する」ということなのかもしれません。

ということで、ダンナの車は「問題なく26万キロ」なのですが、よく考えると30万キロを目指してしていることというのが特別にあるのかと言われると、大したことしていないということに気が付きました。

・ きちんと巡航型ドライブをする。

・ エコドライブのような負荷がかからない運転に心がける。

・ エンジンオイルの交換を1万キロで行う

・ 純正オイルを使う。

・ フィルターは2万キロで一回換える。

・ エアクリーナーエレメントはオイル交換4回に1回換える。

・ ブレーキパッドは早めに交換する。

・ アライメントもエンジンオイルごとにチェックする。

・ タイヤも交換時期を引き伸ばさない。

・ 燃料はハイオクを必ず使う。

と、こんな基本的なことなのです。

それでは車に当たり外れがあるのかということになりますが、どうなんでしょうね。

フリードスパイクの価格

車の当たり外れがあるのか

燃費などでそこまで当たり外れが出ることはありませんし、今現在では、壊れやすい壊れにくいといった当たり外れがあるのか、それは日本車に限って言えばそこまで無いような気がします。

当たり外れは初期不良のものを引いてしまったり、組み付けのミスで異常が出てしまったりということ。

今ではコンピュータ制御になっていますので、エンジンですら差がないようです。

しかし昔は確かにありました。

組んだ人の技術力というか、熟練度に差が出る要因があったみたいですね。

となればコンピュータで当語彙されている現在では、あまり差が出にくくなっているということなんですね。

差が少々あっても、ユーザーが気がつくほどではないということらしいです。

手組のエンジンの時代の話ってことなんでしょうね。

ということは、ダンナの車が特別に「あたりを引いた」というわけでもないのでしょう。

100円ショップの製品バラツキよりも、ずっとずっとバラツキは無いはずなのです。

100均ショップで買ったものは100円だから諦めが付きますが、車じゃ諦めが付きませんもの。